3Dプリンタ チューニング覚書

HE3D K200(デルタ型 ヒートベッド 22cm円形 )のチューニング覚書。

実施内容 効果など
ヒートベッド固定良。
付属のものはヒートベッドが動いてダメ。Kossel Adjustable Bed Clamp by stefel77(http://www.thingiverse.com/thing:1732494)が便利。ただしガラス板分の高さが足りないのを無理くりつけている。
ヒートベッドにガラス板 大変良。
確実に平面になる。今回一番効果が高い。
自動レベリングは Delta Auto Calibration のみ良。
ガラス板+ ” Delta Auto Calibration”のみが一番調子よい模様。
ガラス板なしでもauto bed leveling は3pointのほうが調子が良い。
AUTO_BED_LEVELING_UBL (MESH leveling)×
アルミのヒートベッドでは逆におかしくなる。
多分自動レベリングの押す力でベッドがたわんでしまうため。(特に中央寄りのポイント)
ガラス板ならば Delta Auto Calibrationのみで充分。計算量も減るし。
AUTO_BED_LEVELING_3POINT×
上同様。 ガラス板ならば Delta Auto Calibrationのみで充分 。
アルミのみならばUBLよりは良い感じがしたが、正確には不明。 端のみで計測のためかと思うが、ガラス板買う方がよほど良い。
Extruder交換大変良。
吐出が安定しないので過去間違えて買った
BIQU Universal Extruder Kit (SALEで送料無料だった) に交換したら安定した。努力があほらしくなったほど良い。買うなら right を買うべき。 leftだと逆だった。marlin 設定で方向逆にした。
モータードライバ交換TMC2208に交換。大変静かで良い。
モードはメーカー推奨値に従って下記とした。
XYZは stealthChop まま、0.8V。Extruder用は spreadCycleに変更し電圧を0.9Vにしてファンもつけたが、多分0.8VままでOK(Extruder交換後戻していない)
marlin設定では TMC2208_STANDALONE でreverseを true に。下記 Configuration.h参照。
Marlinバージョンアップ
1.x → 2.0
多分1.xと変わらない。
設定ファイルは HE3Dのfacebookサイトからダウンロードしたものを修正。
DELTA_SEGMENTS_PER_SECOND 100 100-150が妥当か。数字を大きくするには32bit化(というか高クロック化)した方がよさそう。

300とかにすると円盤プリントでプロセッサがほぼハング状態になり、時々動きが止まったりしてプリント結果も悪い。
10だと形が変になる。
速度などチューニング
(ガラス板追加後)
プリントスピードは60mm/sec位までまあまあ良い。
accelは 3,000mm/s^2,jerkは 20mm/s^3。
移動速度はプリントスピードと同じにする。

初期レイヤーは 速度10-30mm/sec 、accelは 1,000 mm/s^2 , jerkは5-10mm/s^3。
スプールホルダ ホコリ除け+吸湿防止に。
ダイソーの 透明蓋付き収納ボックス を利用。穴開けてチューブ(3cm位)とワンタッチ接手をつけ、乾燥剤を入れた。
湿度は 概ね30%台で、防湿はOKかと。

Configration.hの主な修正箇所。

#define DELTA

#define DELTA_SEGMENTS_PER_SECOND 100

#define X_DRIVER_TYPE TMC2208_STANDALONE

#define Y_DRIVER_TYPE TMC2208_STANDALONE

#define Z_DRIVER_TYPE TMC2208_STANDALONE

#define E0_DRIVER_TYPE TMC2208_STANDALONE

#define E1_DRIVER_TYPE TMC2208_STANDALONE

#define INVERT_X_DIR true

#define INVERT_Y_DIR true

#define INVERT_Z_DIR true

#define INVERT_E0_DIR true //extruder changed

#define INVERT_E1_DIR false //original extruder

..

Configration.h